Information

展覧会・その他活動情報
2017年9月8日(金)〜22日(金)Gallery Suchiでの個展は無事終了致しました。
石居麻耶展 −翼を持つものたち−
​Gallery Suchi(株式会社 ギャラリー須知
火ー土曜日 11:00ー19:00 (休廊=日•月•祝日)
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-17-13 第二井上ビル2F
2F, Dai-Ni Inoue Bldg, 2-17-13 Nihonbashi-kayabacho,
Chuo-ku Tokyo, 103-0025 Japan
tel / fax 03-6661-6393
http://www.gallerysuchi.com
e-mail: info@gallerysuchi.com

進捗状況
次回個展に向けての作品制作の計画準備中です。
(2019年以降の予定)

10月刊行予定の文庫本表紙装画を1点、単行本表紙装画1点担当・制作致しました。

イラスト・本の表紙装画等の制作は個展作品と並行して制作しております。
恐縮ですが、早め(2か月くらい前)にご連絡頂けますと助かります。
ご依頼に誠実に答えて制作出来るようにと思っておりますが、
個展等展覧会のスケジュールによっては、
対応が難しいときもあることをご了承下さい。
作品の雰囲気はMAYA ISHII's websiteでご確認頂ければ幸いです。
過去の仕事の作品も掲載しておりますので、よろしくお願い致します。
既存の作品の使用につきましても、
まずはメールにてご連絡よろしくお願い致します。

2015年06月28日

「石」と「意志」


先日のパレットギャラリーでの「CDジャケットアート展U」は
無事終了致しました。→展示作品紹介
お越し下さった方々からはメール等ご連絡頂き、とても嬉しく感謝の思いでした。
また、ちょうど手術・入院が重なった時期でもあり、
あたたかいお言葉を沢山頂いたことも、本当に勇気付けられるものとなりました。
どうもありがとうございました。

先日の手術・入院というのは、
「顎下腺唾石症」といって唾液腺に石が出来てしまい、
さらにその石が唾液腺の奥に癒着していたこともあって唾液腺ごと取らねばならなくなったため、
首を外側から切開して顎下腺ごと石を取る手術・入院をしておりました(今回は右顎下腺のみ)。
おかげさまで退院は出来、手術も成功したとのことなのですが、
担当医の先生がメスを入れたところ、思ったよりも困難な状態になっていたそうで、
回復にも日にちが必要で、問題は無いけれど元通りにという訳にもいかないようで、
回復は年単位で考えて下さいとのことでした。
そういう訳で、6月中の復帰を予定しておりましたが、
痛みと腫れがなかなかひきそうにないので、
表立った大きな活動はひと夏お休みさせて頂きます。
ただ、イラストの依頼だけはすぐにお請け致します。

ひとまずは日常に戻れたことに感謝しつつ、
作品制作はあまり動きの大きくない出来ることから始めてゆこうと思います。
人間完璧な状態など無いと思うので、
今後は自分のその日その時の不具合と上手く付き合いながら歩んでゆく気持ちです。

皆様のお身体の健康も守られて、良い夏を過ごせますようお祈りしております。
今後とも、よろしくお願い致します。

石居麻耶
posted by mayaishii at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

『石居麻耶 個展 「記憶」「余映」』作品掲載


2013年9月17日(火)〜10月5日(土)までYOKOI FINE ARTで開催致しました
『石居麻耶 個展 「記憶」「余映」』にて展示した作品を
Websiteに掲載致しました。
今回は会期を1st「記憶」と2nd「余映」に分けて展示しましたので、
どちらか片方の作品しか見ることが出来なかった方々も
多くいらっしゃると思います。

実際の作品の細かさをweb上でお伝えすることはなかなか難しいですが、
よろしければWebsiteでご覧下さい。
少しでも作品の雰囲気を楽しんで頂けましたら幸いです。

・My website
Maya Gallery
※ART WORKS VOL.10に掲載しています。
posted by mayaishii at 19:55| Comment(2) | TrackBack(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

「アートコレクターズ」No.49 万城目学×石居麻耶「2人の作家が語る『京都』」


先日、「アートコレクターズ」の担当の方から
〈特別対談〉万城目学×石居麻耶「2人の作家が語る『京都』」という対談のお話を頂き、
「アートコレクターズ」No.49 2013(生活の友社)で
『鴨川ホルモー』の表紙装画、「鴨川デルタ」の挿画と共に、
対談記事を掲載して頂きました。

今まで語ったことがありそうで、
意外と表向きには語っていなかったことが記事になっていると思います。

よろしくお願い致します。
posted by mayaishii at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

マイオンリー 「週刊新潮」 2012年11月8日号掲載


「週刊新潮」 2012年11月8日号(2012/10/31発売)の
「マイオンリー」(P.131)というコーナーで、
私のお気に入りのモノたち、という内容で語る機会を頂き、
記事を掲載して頂きました。

珍しく、日頃制作している作品についてではなく、
私の関心のあることや想いなどを語っている記事です。

テーマは「時の経過を感じさせるもの」です。

もしよろしければ、読んで頂けたらと思っております。

posted by mayaishii at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

「心にきらめくもの」

梅雨の季節になり、雨粒の音を聞きながら
作品制作をすることが多くなりつつある今日この頃です。

作品制作のテーマについてお知らせ致します。
今まで「心に残りゆくもの」と書いていたテーマを少し変更しました。
新たにテーマとしたものは「心にきらめくもの」です。
明日を思いながら歩んでゆくという姿勢に変わりは無いのですが、
明日に向けて輝いてゆくもの、それを思わせる光景、という意味合いを強くしたかったので、
「心にきらめくもの」とさせて頂きました。

毎日を大切に、様々な光景を見つめて、
波立った水が静かになった後、
水の底に出来る結晶のような
きらめくものを形にしてゆこうと思います。
今後ともよろしくお願い致します。
posted by mayaishii at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする