Information

展覧会・その他活動情報

八千代松陰高校にて、個展の案内状に使った作品と他1点の計2点が
収蔵・展示されることになりました。
学校のウェブサイトで、美術部を訪問させて頂いたときのことを記事にして頂いています。

八千代松陰高校ウェブサイト 美術部 2017/10/25の記事

2017年9月8日(金)〜22日(金)Gallery Suchiでの個展は無事終了致しました。
石居麻耶展 −翼を持つものたち−
​Gallery Suchi(株式会社 ギャラリー須知
火ー土曜日 11:00ー19:00 (休廊=日•月•祝日)
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-17-13 第二井上ビル2F
2F, Dai-Ni Inoue Bldg, 2-17-13 Nihonbashi-kayabacho,
Chuo-ku Tokyo, 103-0025 Japan
tel / fax 03-6661-6393
http://www.gallerysuchi.com
e-mail: info@gallerysuchi.com

進捗状況
次回個展に向けての作品制作の計画準備中です。
(2019年以降の予定)

10月刊行予定の文庫本表紙装画を1点、単行本表紙装画1点担当・制作致しました。

イラスト・本の表紙装画等の制作は個展作品と並行して制作しております。
恐縮ですが、早め(2か月くらい前)にご連絡頂けますと助かります。
ご依頼に誠実に答えて制作出来るようにと思っておりますが、
個展等展覧会のスケジュールによっては、
対応が難しいときもあることをご了承下さい。
作品の雰囲気はMAYA ISHII's websiteでご確認頂ければ幸いです。
過去の仕事の作品も掲載しておりますので、よろしくお願い致します。
既存の作品の使用につきましても、
まずはメールにてご連絡よろしくお願い致します。

2010年03月02日

テイスティングアートエキシビション(阪急百貨店メンズ館)


急なお知らせですが、3月3日(水)〜3月14日(日)にかけて
阪急百貨店メンズ館にて開催される
「テイスティングアートエキシビション」というイベントにて、
パネルの作品が展示されることになりました。

既存の作品ですが、大阪では初展示の作品です。
阪急百貨店メンズ館近くにお立ち寄りの際、
もしお時間ありましたら、よろしくお願い致します。


テイスティングアートエキシビション
会期:3月3日(水)〜3月14日(日)
場所:阪急百貨店メンズ館 各階
   ◎阪急電鉄 梅田駅、JR大阪駅 御堂筋口より徒歩4分
   〒530-0017 大阪府大阪市北区角田町7番10号

詳細はこちらの広告をご覧ください。(PDF)
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要となります。
posted by mayaishii at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ■Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

石居麻耶 ”海の歌”(2)


10月9日からYOKOI FINE ARTにて開催されました個展
「石居麻耶 ”海の歌”」が
10月24日に最終日を向かえ、無事終了致しました。

お忙しいところ足をお運び下さった方々、
また、温かい言葉で応援して下さった方々、見守って下さった方々、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
どうもありがとうございました。










会期終了後。

過ぎ行く日々の中にある消えてしまいそうな瞬間と
毎日の中に見い出す希望的風景、
永遠という名の信じ続けたいこれからの日々というものについて考え続けてゆくこと。
例えそれが時折心の揺れによってぶれることがあるとしても、
そうしてゆくことが恐らく、今の私に出来る最善の、
最良の「日々の歩み」というものではないかと・・・
ふとそんなことを思う帰り道でした。
posted by mayaishii at 01:08| Comment(2) | TrackBack(0) | ■Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

石居麻耶 ”海の歌”


10月9日からYOKOI FINE ARTにて開かれる
個展「石居麻耶 ”海の歌”」で
新作を16点公開致します。

今回はモチーフを海に決めて、作品制作をしました。


「日々の思いの海へ」 石居麻耶

日々は様々なことと常にとなりあわせになっています。
毎日の中に、見つめれば輝き始めるものがあることにどれほど気付いてゆけるのか。
そのことを考えているとき、空や太陽、その日その時の変化を受け、
様々な表情を見せている海辺において、
今日と明日とを紡いでいる光景を波間の光の上に見たように思いました。

変わらない意志のために、常に変化する今というこのときを引き受け変わりゆくもの。
日々新たな風を受け、今日という日に明日への光景を見い出してゆこうという気持ち。
それを持ち続けられるかどうか。
少なくとも、持ち続けたいと願うのです。

海のきらめきは、明確な答えを示しはしません。
ただ、数え切れないほどの光に満ちた光景を日々示し続けています。
いつでも、どんな日においても。
日々の思いの海にある、本当に確かな、希望の数だけ。



YOKOI FINE ARTは日・月・祝日がお休みです。

お忙しい日々とは思いますが、
ご都合よろしければ是非お越し下さい。
よろしくお願い致します。


石居麻耶 "海の歌"
会期:2009年10月9日(金)〜10月24日(土)
アーティストレセプション:10月9日(金)18:00 - 19:30
時間:11:00〜19:00 日・月・祝日休廊
場所:YOKOI FINE ART
   〒106-0044 東京都港区東麻布1-4-3 木内第二ビル6F
     
    東京メトロ日比谷線神谷町駅2番出口を右へ徒歩7分
    都営大江戸線赤羽橋赤羽橋口出口徒歩5分

tel:03-6276-0603
fax:03-6276-0604
mail: info@yokoifineart.jp
posted by mayaishii at 23:25| Comment(8) | TrackBack(2) | ■Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

We love レトロ印刷 vol.2「A3の可能性 クリエイターズペーパー展」


8/1(土 )から8/31(月)まで開催される
We love レトロ印刷 vol.2
「A3の可能性 クリエイターズペーパー展」というグループ展に参加しています。

ハンドメイド作家のオソブランコさんの作品(手作り布小物)を
購入させて頂いたことがきっかけとなり、
この度、グループ展のお誘いを頂きました。
レトロ印刷という手法で作品を制作するのは初の試みです。
版画のように一色ずつ版を分けて制作し、
JAMさんで印刷して頂いたものを作品として展示します。

今回は作品を購入した人がその作品を自由に扱い
好きなようにして楽しんで下さいというコンセプトで、
参加人数50名、どの作家さんの作品も一律¥105で販売とのことです。

私は大阪の風景を作品にしました。
いつもは使わないビビッドな色も使っています。
会場も大阪なので、大阪近辺にお住まいの方は是非お越し下さい。



We love レトロ印刷 vol.2
「A3の可能性 クリエイターズペーパー展」
包んだり、折ったり、切ったり、貼ったり、飾ったり、眺めたり・・・。
A3に印刷された作家の仕事を、どうするかは、あなた次第。

企画:株式会社JAM オソブランコ

会期:8/1(土 )〜8/31(月)
会場:オソブランコ
〒550-0014
大阪市西区北堀江1-23-4長野ビル403
地下鉄四ツ橋線四ツ橋駅6番出口
地下鉄長堀鶴見緑地線西大橋駅3番出口より徒歩3分
tel/fax 06-6534-7358

open 12:00-20:00 (日祝-19:00)
close 水曜日・第2土曜日
posted by mayaishii at 23:35| Comment(4) | TrackBack(0) | ■Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

石居麻耶 -東京少年少女-(2)


青い扉の、その向こう。

この個展では、東京新聞連載「子どもと大人のあいだ」(青木信人)のイラストを
48点展示しています。
一度に48点制作というのはなかなか出来ないものですが、
一年半という時間をかけての
日々を刻みながらの制作でここまで歩いてきました。

このところ寒い日が続いています。
そういう天候が続く中、
お忙しい日々の合間を縫ってお越し下さっている方々に
感謝の気持ちで一杯です。
また、都合がつかず見に来られないという方々からの
気持ちの込められた言葉やメールも励みになっています。
心より感謝致します。

2月21日(土)個展初日には、
東京新聞連載「子どもと大人のあいだ」を執筆している
青木信人さんもお越し下さり、
いろいろなお話しをすることが出来ました。
連載は3月までなので、まだ戻ってきていないイラストもあります。
よろしければ紙面でもご覧下さい。



学校ではそろそろ、卒業式の時期です。

それでは、お身体にはくれぐれもお気をつけてお過ごし下さい。
posted by mayaishii at 10:43| Comment(4) | TrackBack(1) | ■Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする