Information

InstagramとTwitterで過去作品紹介を始めて、基本的に毎日更新中です。
ひとまずご紹介出来るものが640点あるので、次の個展までの架け橋にしてゆけたらと思います。
Blogは新しいお知らせがあるときに更新予定です。

■Instagram(作品を中心に今日のひとことを添えて)
https://www.instagram.com/maya_ishii_/

■Twitter(短い言葉と作品のかけらたち)
https://twitter.com/Maya_Ishii

■facebook(4日に一度くらいのペースで上記紹介のまとめの更新) http://www.facebook.com/mayaishii

展覧会・その他活動情報

八千代松陰高校にて、個展の案内状に使った作品と他1点の計2点が
収蔵・展示されることになりました。
学校のウェブサイトで、美術部を訪問させて頂いたときのことを記事にして頂いています。
八千代松陰高校ウェブサイト 美術部 2017/10/25の記事

2017年9月8日(金)〜22日(金)Gallery Suchiでの個展は無事終了致しました。
石居麻耶展 −翼を持つものたち−
​Gallery Suchi(株式会社 ギャラリー須知
火ー土曜日 11:00ー19:00 (休廊=日•月•祝日)
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-17-13 第二井上ビル2F
2F, Dai-Ni Inoue Bldg, 2-17-13 Nihonbashi-kayabacho,
Chuo-ku Tokyo, 103-0025 Japan
tel / fax 03-6661-6393
http://www.gallerysuchi.com
e-mail: info@gallerysuchi.com

進捗状況
次回個展に向けての作品を日々制作中です。
(2019年以降の予定)

はらだみずきさんの『風の声が聞こえるか サッカーボーイズU-17』
(KADOKAWA)の表紙挿画を担当致しました。

イラスト・本の表紙装画等の制作は個展作品と並行して制作しております。
恐縮ですが、早め(2か月くらい前)にご連絡頂けますと助かります。
ご依頼に誠実に答えて制作出来るようにと思っておりますが、
個展等展覧会のスケジュールによっては、
対応が難しいときもあることをご了承下さい。
作品の雰囲気はMAYA ISHII's websiteでご確認頂ければ幸いです。
過去の仕事の作品も掲載しておりますので、よろしくお願い致します。
既存の作品の使用につきましても、
まずはメールにてご連絡よろしくお願い致します。

2017年10月31日

はらだみずき 『風の声が聞こえるか サッカーボーイズU-17』(KADOKAWA)



はらだみずきさんの『風の声が聞こえるか サッカーボーイズU-17』(KADOKAWA)
表紙装画を担当させて頂きました。
『名もなき風たち サッカーボーイズU-16』の続編で、
この度も表紙装画を担当させて頂きました。
このサッカーボーイズシリーズは3部作とのことで、
下記の特設ページに詳細が書かれています。

はらだみずき著 風の声が聞こえるか サッカーボーイズ U-17 特設ページ

はらだみずきさんのサッカーボーイズシリーズは、
成長してゆく主人公の心の様子が繊細かつ爽やかに書かれています。
私が通っていた八千代松陰高校のスクールカラーと同じ
「青」の色がメインカラーの表紙装画となり、
個人的にも懐かしくもあり嬉しくもある表紙装画となりました。
ちなみに八千代松陰高校の教育目標の「さわやか はつらつ ひたむき」に通じるものを、
はらださんの作品から感じたというのもあるかもしれません。

内容紹介
いつか応援席ではなく、 芝生のピッチに立ってやる。熱き高校サッカー小説

県立青嵐高校サッカー部の武井遼介は、2年に進級してもAチーム入りが叶わず、Bチームでもがいていた。県3部リーグ優勝を目標に戦う中、遼介はチームのエース・上崎響と試合中に口論となり、衝突してしまう。上崎は、サッカーに対して迷いを抱えていた。インターハイでは、スタンドで応援役にまわる遼介らBチームの部員たち。Aチームのために声を嗄らし、練習を重ねた応援歌を熱唱するが、遼介の胸には、このままでは終われない、という気持ちが強くなっていき――。

内容(「BOOK」データベースより)
県立青嵐高校サッカー部の武井遼介は、2年に進級してもAチーム入りが叶わず、Bチームでもがいていた。県3部リーグ優勝を目標に戦う中、遼介はチームのエース・上崎響と試合中に口論となり、衝突してしまう。上崎は、サッカーに対して迷いを抱えていた。インターハイでは、スタンドで応援役にまわる遼介らBチームの部員たち。Aチームのために声を嗄らし、練習を重ねた応援歌を熱唱するが、遼介の胸には、このままでは終われない、という気持ちが強くなっていき―。青春ど真ん中17歳、熱き高校サッカー小説。

著者について
●はらだ みずき:千葉県生まれ。2006年『サッカーボーイズ 再会のグラウンド』でデビュー。「サッカーボーイズ」シリーズは全5作で累計50万部を超える大ヒットとなる。他の著書に『最近、空を見上げていない』『スパイクを買いに』『ホームグラウンド』『帰宅部ボーイズ』『たとえば、すぐりとおれの恋』『ぼくの最高の日』『ここからはじまる』『波に乗る』『ムーンリバーズを忘れない』などがある。


風の声が聞こえるか サッカーボーイズU-17 -
風の声が聞こえるか サッカーボーイズU-17 -
posted by mayaishii at 11:11| Comment(0) | ■Cover-page illustration | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

町田哲也 『セブン・デイズ 崖っぷちの一週間』(光文社文庫)


町田哲也さんの『セブン・デイズ 崖っぷちの一週間』(光文社文庫)
表紙装画を担当させて頂きました。

個人的には全く詳しくはない証券会社のお話ということで、
内容の魅力をどのようにして表紙装画という形で表現出来るかと
いろいろと考えましたが、
個性溢れる登場人物がたくさん出てくることもあって
あまり省きたくないという思いもあり、
文庫分という狭いスペースの中に出来るだけ登場させることにしました。
じっくりとご覧頂けましたら幸いです。

内容(「BOOK」データベースより)
木下勇介に第二子が誕生したその日、勤務先の証券会社が業界大手に買収された。妻が退院するまでの間、長男の世話に追われる勇介に、過酷な必達ノルマが課せられる。残された猶予は一週間!成果至上主義の新任部長を相手に、勇介は証券マンとしてどれだけの力を発揮できるのか!?現役証券マンにして、二児の父である著者が描く、リアルお仕事小説!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
町田/哲也
1973年生まれ。慶應義塾大学経済学部在学中の’97年に「我が家のできごと」で新潮学生小説コンクール奨励賞を受賞。大手証券会社勤務。債券ディーラーを主人公に据えた『ナイスディール』(2014年、きんざい)で小説デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


セブン・デイズ 崖っぷちの一週間 (光文社文庫) -
セブン・デイズ 崖っぷちの一週間 (光文社文庫) -
posted by mayaishii at 21:40| Comment(0) | ■Cover-page illustration | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

鯨 統一郎 『猿蟹 saru・kani』


鯨統一郎さんの『猿蟹 saru・kani』(小学館文庫)の表紙装画を担当させて頂きました。

今回は久々に主人公を中央に大きく配置しています。
登場人物がまるで猿蟹合戦のように分かれて争います。
表紙では、左右に分けて描きました。
独特な登場人物が面白く印象的で、その面白さを
少しでも伝わりやすく形に出来ればと思い描かせて頂きました。

内容紹介
騙した奴から奪い取れ! コンゲーム小説

蟹江静子は、老人ホームに入るために貯めた1千万円を、遠藤を首領とする詐欺グループに騙し取られてしまった。それを知った八原みちるは、蟹江に金を取り返そうと提案する。みちるは、以前悪人をターゲットにして金を奪っていったた詐欺師だった。
昔の仲間を集めて動き出したみちるが、遠藤に持ちかけるのは投資事業。バイオ発電に金を出させて、遠藤の分も奪おうと言うのだ。そこに、みちるを昔から追う警視庁の染田刑事が身辺を嗅ぎ回ってきた。さらに、謎の女性“河原崎聖子”が登場! 一体勝つのは誰なのか。
ミステリー界の奇才による、書き下ろしコンゲーム小説!

内容(「BOOK」データベースより)
蟹江静子は、老人ホームに入るために貯めた一千万円を、遠藤を首領とする詐欺グループに騙し取られてしまった。それを知った八原みちるは、静子に金を取り返そうと提案する。みちるは、以前悪人をターゲットにして金を奪っていた詐欺師だった。昔の仲間を集めて動き出したみちるが、遠藤に持ちかけるのは投資事業。バイオ発電に金を出させて、遠藤の分も奪おうと言うのだ。そこに、みちるを昔から追う警視庁の染田刑事が身辺を嗅ぎ回ってきた。さらに、謎の女性“河原崎聖子”が登場!一体勝つのは誰なのか。ミステリー界の奇才による、書き下ろしコンゲーム小説!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
鯨 統一郎
1998年、『邪馬台国はどこですか?』でデビュー、作品多数。2015年、『冷たい太陽』が第十五回本格ミステリ大賞候補に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


猿蟹 saru・kani (小学館文庫) -
猿蟹 saru・kani (小学館文庫) -
posted by mayaishii at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ■Cover-page illustration | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

高嶋哲夫 『電王』


高嶋哲夫さんの『電王』(幻冬舎)の表紙装画を担当させて頂きました。

私は将棋に関しては全く詳しくないので、
今回の表紙装画はどういうものが描けるかなと心配な面もあったのですが、
作品の登場人物の心模様やストーリーの魅力が大きかったので、
出来るだけそれらが伝わるようにと思い、描かせて頂き、
このような表紙装画になりました。

内容紹介
7冠最強棋士vs.世界的AI研究者
お前がいるから、ここまで来れた――。
2人の絆が生んだ世紀の一戦の幕が上がる!

虚弱体質で寝込みがちだった相場俊之。極貧の母子家庭に育った取海創。級友に除け者扱いされる8歳の2人を結びつけ、救ったのが将棋だった。生活苦から抜け出すために勝負に心血を注いでいく取海につられ、相場も棋力を驚異的に向上させて、同時期に奨励会に入会。そして12歳で迎えた三段リーグ、最終戦で2人は激突した。取海が辛勝して最年少プロになり、惜敗した相場は棋界から去った――。20年後、全7タイトルを保持する取海はトップ棋士として初めて将棋ソフトと対局する。将棋界の威信を懸けた一戦。対戦相手は、人工知能研究で世界から注目を浴びる、かつてのライバルだった。

著者について
●高嶋哲夫
1949年、岡山県玉野市生まれ。1994年「メルト・ダウン」で第1回小説現代推理新人賞、1999年、「イントゥルーダー」で第16回サントリーミステリー大賞・読者賞を受賞。他の著書に『ダ-ティ-・ユ-』『ミッドナイトイ-グル』『M8』『Tsunami』『東京大洪水』『風をつかまえて』『乱神』『衆愚の果て』『首都感染』『首都崩壊』『富士山噴火』『浮遊』『日本核武装』など多数。


電王 -
電王 -
posted by mayaishii at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ■Cover-page illustration | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

はらだみずき 『名もなき風たち サッカーボーイズU-16』


はらだみずきさんの『名もなき風たち サッカーボーイズU-16』の表紙装画を担当させて頂きました。


サッカーを通して、サッカーがつなぐ人と人との間で、
主人公が成長してゆく様子が爽やかに吹く風のように描かれています。


風は目に見えないけれど、でも確かにそこに吹いていた。
少年たちの姿が心の中を駆けてゆく。
風の色は空の青と共にあるのかなと、そんな読後感が響き続けています。


内容紹介
無名の高校生16歳、リアル青春サッカー小説。

2011年、高校生になった武井遼介は、関東の強豪サッカー部に入部する。東日本大震災から1ヶ月、ふつうにサッカーができる現状に葛藤を抱きながら、遼介は新入部員約50名でスタートした部活に励む。しかし、全国大会を視野に入れたレベルの高い部内では、1年生チームの中ですらポジションを確保できずにいた。やがて1年生は2チームに分裂し、紅白戦が開催されることに。勝敗によって両チームの選手を入れ替えるサッカー版“大富豪”という特殊ルールで、遼介はチーム内での立場を思い知らされ、夏の1年生大会、ルーキーズ杯へと向かう――。

著者について
●はらだ みずき:千葉県生まれ。2006年『サッカーボーイズ 再会のグラウンド』でデビュー。「サッカーボーイズ」シリーズは、『サッカーボーイズ 13歳 雨上がりのグラウンド』『サッカーボーイズ 14歳 蝉時雨のグラウンド』『サッカーボーイズ 15歳 約束のグラウンド』『サッカーボーイズ 卒業 ラストゲーム』と続く大ヒットとなる。本作は、「サッカーボーイズ」の後継作となる新シリーズの第1弾。他の著書に『最近、空を見上げていない』『スパイクを買いに』『サッカーの神様をさがして』『あの人が同窓会に来ない理由』などがある。


名もなき風たち サッカーボーイズU-16 -
名もなき風たち サッカーボーイズU-16 -
posted by mayaishii at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ■Cover-page illustration | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする