Information

InstagramとTwitterで過去作品紹介を始めて、基本的に毎日更新中です。
ひとまずご紹介出来るものが640点あるので、次の個展までの架け橋にしてゆけたらと思います。
Blogは新しいお知らせがあるときに更新予定です。

■Instagram(作品を中心に今日のひとことを添えて)
https://www.instagram.com/maya_ishii_/

■Twitter(短い言葉と作品のかけらたち)
https://twitter.com/Maya_Ishii

■facebook(4日に一度くらいのペースで上記紹介のまとめの更新) http://www.facebook.com/mayaishii

展覧会・その他活動情報

八千代松陰高校にて、個展の案内状に使った作品と他1点の計2点が
収蔵・展示されることになりました。
学校のウェブサイトで、美術部を訪問させて頂いたときのことを記事にして頂いています。
八千代松陰高校ウェブサイト 美術部 2017/10/25の記事

2017年9月8日(金)〜22日(金)Gallery Suchiでの個展は無事終了致しました。
石居麻耶展 −翼を持つものたち−
​Gallery Suchi(株式会社 ギャラリー須知
火ー土曜日 11:00ー19:00 (休廊=日•月•祝日)
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-17-13 第二井上ビル2F
2F, Dai-Ni Inoue Bldg, 2-17-13 Nihonbashi-kayabacho,
Chuo-ku Tokyo, 103-0025 Japan
tel / fax 03-6661-6393
http://www.gallerysuchi.com
e-mail: info@gallerysuchi.com

進捗状況
次回個展に向けての作品を日々制作中です。
(2019年以降の予定)

はらだみずきさんの『風の声が聞こえるか サッカーボーイズU-17』
(KADOKAWA)の表紙挿画を担当致しました。

イラスト・本の表紙装画等の制作は個展作品と並行して制作しております。
恐縮ですが、早め(2か月くらい前)にご連絡頂けますと助かります。
ご依頼に誠実に答えて制作出来るようにと思っておりますが、
個展等展覧会のスケジュールによっては、
対応が難しいときもあることをご了承下さい。
作品の雰囲気はMAYA ISHII's websiteでご確認頂ければ幸いです。
過去の仕事の作品も掲載しておりますので、よろしくお願い致します。
既存の作品の使用につきましても、
まずはメールにてご連絡よろしくお願い致します。

2010年06月11日

John Keats/ジョン・キーツ


「耳に聞こえるメロディーは美しい。
 しかし、聞こえないメロディーはもっと美しい。」
 (John Keats)


聞こえないメロディーと思われるものを、
心に留まる風景として、捉えることがあります。

様々な言葉にならない思いに駆られると、
ときどき、この言葉を思い出したりします。

posted by mayaishii at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

スティーブン・キング 『ショーシャンクの空に』の言葉


"Hope is a good thing, maybe the best of things, and no good thing ever dies."
「希望はいいものだ、たぶんなによりもいいものだ。そしていいものは永遠に死なない」

(Rita Hayworth and Shawshank Redemption /Stephen King)
posted by mayaishii at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

「ウィザードリィ」の「自分自身の王国」とは


メモ書きの中に、こんな言葉を見つけました。

知識豊富なものも
自分自身の王国を見つけるまでは
何も知らないのと一緒だ


古いメモ書きに残っていたこの言葉はウィザードリィに出てきた言葉です。
日々新しい発見があったり、
わかっていると思っていたことを、わかっていなかったとあらためて思ったりする。
本当に得たものとは何だろう。
自分の心に確かなものとしてあるものとは何か。
そういうことが上の言葉で言い表されている気がしています。

かなり昔の話ですが、ウィザードリィやウルティマなどから
哲学的な言葉や気になる言葉(パロディなどもある)を見つけて、
メモをとっていたことがありました。
(とはいっても持っていたソフトが3つ程度だったので、ほんの少しだけ)
本を読んで心に留まる言葉を記しておくのと同じ感覚かもしれません。
posted by mayaishii at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

エミリー・ディッキンソンと黄色という色のこと


油絵について語られていることで、
こんな決まりみたいな言葉がありました。
「黄色はあまり、安直に使わないほうが良い」

だいぶ前にこの言葉を知った私は、いろいろとその意味を考えていました。
絵の具の発色の問題(目立ち過ぎる)とか、退光性の問題(退色しやすい)とか、
そういったことがあるからかもしれない。
初めはそういうことだけかなと思っていました。
今は、もうひとつ、
エミリー・ディッキンソンの詩の中に
答えを見つけたような気がしています。

エミリー・ディッキンソンの詩にタイトルはありません。


Nature rarer uses yellow     
Than another hue;
Saves she all of that for sunsets, --
Prodigal of blue, 

Spending scarlet like a woman,
Yellow she affords      
Only scantly and selectly,
Like a lover's words.

Emily Dickinson



ちょうど、恋人の言葉のように。
posted by mayaishii at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月29日

Liberte 『ポール・エリュアール詩集』より


ぼくの学習ノートに
ぼくの机や木々に
砂に 雪に
ぼくはきみの名を書く

読みおえた全てのページに
空白の全てのページに
石に 血に 紙に 灰に
ぼくはきみの名を書く

金塗りの肖像に
戦士たちの武器に
王たちの冠に
ぼくはきみの名を書く

ジャングルに 砂漠に
鳥や獣の巣に エニシダに
ぼくの幼い日のこだまに
ぼくはきみの名を書く

夜々の驚異に
日々の白いパンに
婚約の季節季節に
ぼくはきみの名を書く

ぼくのすべての青空のちぎれに
カビの生えた太陽の池に
かがやく月の湖に
ぼくはきみの名を書く

野原に 地平線に
小鳥たちの翼に
影たちの粉挽臼に
ぼくはきみの名を書く

夜明けの 吹きつける風に
海に 船に
そびえ立つ山に
ぼくはきみの名を書く

雲たちの泡立ちクリームに
雷雨の汗たちに
垂れこめる味気ない雨に
ぼくはきみの名を書く

きらめく ものの形に
色とりどりの鏡に
物理の真理に
ぼくはきみの名を書く

めざめた森の小径に
末広がる道路に
あふれ出る広場に
ぼくはきみの名を書く

灯されたランプに
消されたランプに
占領されたぼくの秘密の家々に
ぼくはきみの名を書く

二つ割りの果実のような
ぼくの部屋のひらき鏡に
空の貝殻のぼくのベッドに
ぼくはきみの名を書く

食いしん坊のやさしいぼくの犬に
ぴんと立ったその耳に
ぶきっちょなその脚に
ぼくはきみの名を書く

ぼくの戸口の踏み台に
慣れ親しんだ家具たちに
祝福された焔のゆらめきに
ぼくはきみの名を書く

分かち合う肉体のすべてに
ぼくの友たちのひたいに
差し伸べるそれぞれの手に
ぼくはきみの名を書く

驚きの顔が映る窓硝子に
沈黙のはるか向こうに
待ち受ける女たちの唇に
ぼくはきみの名を書く

破壊されたぼくの隠れ家に
崩れおちたぼくの燈台に
ぼくの倦怠の壁に
ぼくはきみの名を書く

欲望のない不在に
はだかの孤独に
死の階段に
ぼくはきみの名を書く

回復した健康に
消え失せた危険に
思い出のない希望に
ぼくはきみの名を書く

そして ただひとつの言葉の力で
ぼくはまたぼくの人生を生き始める
ぼくは生まれた きみを知るために
君の名を呼ぶために

リベルテ(自由 と)。


(「Liberte <リベルテ >」/ポール・エリュアール)
posted by mayaishii at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする