Information

InstagramとTwitterで過去作品紹介を始めて、基本的に毎日更新中です。
ひとまずご紹介出来るものが640点あるので、次の個展までの架け橋にしてゆけたらと思います。
Blogは新しいお知らせがあるときに更新予定です。

■Instagram(作品を中心に今日のひとことを添えて)
https://www.instagram.com/maya_ishii_/

■Twitter(短い言葉と作品のかけらたち)
https://twitter.com/Maya_Ishii

■facebook(4日に一度くらいのペースで上記紹介のまとめの更新) http://www.facebook.com/mayaishii

展覧会・その他活動情報

八千代松陰高校にて、個展の案内状に使った作品と他1点の計2点が
収蔵・展示されることになりました。
学校のウェブサイトで、美術部を訪問させて頂いたときのことを記事にして頂いています。
八千代松陰高校ウェブサイト 美術部 2017/10/25の記事

2017年9月8日(金)〜22日(金)Gallery Suchiでの個展は無事終了致しました。
石居麻耶展 −翼を持つものたち−
​Gallery Suchi(株式会社 ギャラリー須知
火ー土曜日 11:00ー19:00 (休廊=日•月•祝日)
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-17-13 第二井上ビル2F
2F, Dai-Ni Inoue Bldg, 2-17-13 Nihonbashi-kayabacho,
Chuo-ku Tokyo, 103-0025 Japan
tel / fax 03-6661-6393
http://www.gallerysuchi.com
e-mail: info@gallerysuchi.com

進捗状況
次回個展に向けての作品を日々制作中です。
(2019年以降の予定)

はらだみずきさんの『風の声が聞こえるか サッカーボーイズU-17』
(KADOKAWA)の表紙挿画を担当致しました。

イラスト・本の表紙装画等の制作は個展作品と並行して制作しております。
恐縮ですが、早め(2か月くらい前)にご連絡頂けますと助かります。
ご依頼に誠実に答えて制作出来るようにと思っておりますが、
個展等展覧会のスケジュールによっては、
対応が難しいときもあることをご了承下さい。
作品の雰囲気はMAYA ISHII's websiteでご確認頂ければ幸いです。
過去の仕事の作品も掲載しておりますので、よろしくお願い致します。
既存の作品の使用につきましても、
まずはメールにてご連絡よろしくお願い致します。

2012年05月24日

新緑の月の誕生日


母の手作りケーキ。
普段それぞれ離れて住んでいる家族皆からの
寄せ書きバースデーカード。


楽しいひととき。
ささやかな時間がとても大切に思えて、輝く一日。
「ありがとう」をいくつ重ねても足りないくらい。
posted by mayaishii at 07:39| Comment(4) | TrackBack(0) | memories | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

銀座「ごらくギャラリー」の灯りと光


閉廊してからも建物はそのままになっていた
銀座の「ごらくギャラリー」。

ずっと、カーテンで閉ざされたままでしたが、
久しぶりに通り過ぎると、
まるで夢かまぼろしか、
灯りがともっているではありませんか。



驚いて近づいてみたのですが、何やら雰囲気がちょっと違う様子。



正面に、カフェが12月からオープンしたという看板が出ていました。

ギャラリー再開の灯りではなかったのです。


私にとってここでともる灯りは、
展覧会で数々の絵を照らし、
また様々な方々との出会いの場を輝かせていた
あの「ごらくギャラリー」の灯りとして、
そして良き思い出として
心の奥に残り続けているのだなと思えました。
そんな気持ちは、寂しさというよりも
どこか小さくともほのかであたたかい光のようでした。

いつもより強く吹く風が、遠く高く吹き上がる中、
思い出はともしびになったのかもしれません。

私は、離れ進む道の最後の曲がり角で一度だけ振り返り
目的地へと歩みを再開しました。
posted by mayaishii at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | memories | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

誕生日という日の「花」


何かに気づけば、その気づいたことから、枝葉を広げることが出来る。

先日の誕生日には、
いろいろと考えることの多い一日を過ごしました。



母と妹達の手作りケーキと
両親からのプレゼント、友達からのメールで
誕生日という節目が日々の歩みの中に刻まれ、
今日という日まで歩けてきたことを
あらためて感謝した日でもありました。

健康に気を付けながら、
日々、目の前の風景に
思う色を重ねて彩るように、
明日を思い描いて進みたい。
そしてその色彩が、今日と明日と、心をつないだら・・・と
そんなことを思ったりもしています。



楽しいこともつらいことも
嬉しいことも悲しいことも
喜ばしいことも悩ましいことも
いろいろなことがぐるぐると回っていたここ数日間が
雨雲と共に過ぎて、
まるで今日は夢のあとみたいに
少し穏やかで静かな草原が
目の前に広がっています。

動き出した時間が
再び新しい風を呼んでいるようです。
posted by mayaishii at 11:42| Comment(4) | TrackBack(0) | memories | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

神戸の桜


旅路の途中で、桜を目にする機会が多くありました。
着いた当初はまだつぼみが多め。



この時期には桜マークの阪急電車。

阪急電車の雰囲気が好きです。
のんびりした気持ちになれるのと、
時の流れるのがゆっくりと感じられるところが
良いなと思うのです。



初めて見た、夙川沿いに咲いている桜。



この日は五分咲きくらい。



見つめた瞬間に飛び立った鳥がいました。



桜は毎年、その年ごとの違った表情があるような気がします。

旅の最終日に見た芦屋川の桜も、
これから次々に咲いてゆくのでしょう。
posted by mayaishii at 11:23| Comment(8) | TrackBack(0) | memories | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

坂本龍一“Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2009”


春風の吹く、東京国際フォーラム。
3月20日に、坂本龍一さんのコンサート
“Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2009”に行きました。

坂本龍一さんのコンサートは初めてで、
自分でチケットを購入してコンサートに行くこと自体も初めてのことで、
始まるまでは楽しみなのと同時に緊張もしましたが、
一曲目がゆるやかに始まり、深い黒が辺りを包んでゆくと、
日常から切り離された特別な空間と時間が目の前に現れ、
緊張や負荷や重力から心が開放されてゆくように思えてなりませんでした。


ある曲の演奏中だけ、公的に携帯で撮影可のときがありました。
一階席の後方からなので、ぼんやりと。
響く携帯の撮影音。ペンライトのような携帯画面の明かり。時折点灯するフラッシュ。
静かなひとときの流れの中に突如訪れた、軽やかで不思議な瞬間。











暗く深い闇の底から
次第に光が差してゆくような、
真冬から雪解けの日までの流れのような、
そんな印象を受けました。

言葉に出来ない余韻。
言葉にならない思い。
言葉にするともったいないような心の響き。
静かな衝撃。
「今、この日このときだけの音」があるのだなと
改めて思ったひとときで、
心に刻まれるひとときがあったことを
確かに実感したコンサートでした。




余韻は遠く過去を遡り、それから現在へと舞い戻り、
そして半歩先の未来をリードしながら、
明日へと続いてゆくような気がしています。
posted by mayaishii at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | memories | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする