Information

InstagramとTwitterで過去作品紹介を始めて、基本的に毎日更新中です。
ひとまずご紹介出来るものが640点あるので、次の個展までの架け橋にしてゆけたらと思います。
Blogは新しいお知らせがあるときに更新予定です。

■Instagram(作品を中心に今日のひとことを添えて)
https://www.instagram.com/maya_ishii_/

■Twitter(短い言葉と作品のかけらたち)
https://twitter.com/Maya_Ishii

■facebook(4日に一度くらいのペースで上記紹介のまとめの更新) http://www.facebook.com/mayaishii

展覧会・その他活動情報

八千代松陰高校にて、個展の案内状に使った作品と他1点の計2点が
収蔵・展示されることになりました。
学校のウェブサイトで、美術部を訪問させて頂いたときのことを記事にして頂いています。
八千代松陰高校ウェブサイト 美術部 2017/10/25の記事

2017年9月8日(金)〜22日(金)Gallery Suchiでの個展は無事終了致しました。
石居麻耶展 −翼を持つものたち−
​Gallery Suchi(株式会社 ギャラリー須知
火ー土曜日 11:00ー19:00 (休廊=日•月•祝日)
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-17-13 第二井上ビル2F
2F, Dai-Ni Inoue Bldg, 2-17-13 Nihonbashi-kayabacho,
Chuo-ku Tokyo, 103-0025 Japan
tel / fax 03-6661-6393
http://www.gallerysuchi.com
e-mail: info@gallerysuchi.com

進捗状況
次回個展に向けての作品を日々制作中です。
(2019年以降の予定)

はらだみずきさんの『風の声が聞こえるか サッカーボーイズU-17』
(KADOKAWA)の表紙挿画を担当致しました。

イラスト・本の表紙装画等の制作は個展作品と並行して制作しております。
恐縮ですが、早め(2か月くらい前)にご連絡頂けますと助かります。
ご依頼に誠実に答えて制作出来るようにと思っておりますが、
個展等展覧会のスケジュールによっては、
対応が難しいときもあることをご了承下さい。
作品の雰囲気はMAYA ISHII's websiteでご確認頂ければ幸いです。
過去の仕事の作品も掲載しておりますので、よろしくお願い致します。
既存の作品の使用につきましても、
まずはメールにてご連絡よろしくお願い致します。

2017年01月20日

鯨 統一郎 『猿蟹 saru・kani』


鯨統一郎さんの『猿蟹 saru・kani』(小学館文庫)の表紙装画を担当させて頂きました。

今回は久々に主人公を中央に大きく配置しています。
登場人物がまるで猿蟹合戦のように分かれて争います。
表紙では、左右に分けて描きました。
独特な登場人物が面白く印象的で、その面白さを
少しでも伝わりやすく形に出来ればと思い描かせて頂きました。

内容紹介
騙した奴から奪い取れ! コンゲーム小説

蟹江静子は、老人ホームに入るために貯めた1千万円を、遠藤を首領とする詐欺グループに騙し取られてしまった。それを知った八原みちるは、蟹江に金を取り返そうと提案する。みちるは、以前悪人をターゲットにして金を奪っていったた詐欺師だった。
昔の仲間を集めて動き出したみちるが、遠藤に持ちかけるのは投資事業。バイオ発電に金を出させて、遠藤の分も奪おうと言うのだ。そこに、みちるを昔から追う警視庁の染田刑事が身辺を嗅ぎ回ってきた。さらに、謎の女性“河原崎聖子”が登場! 一体勝つのは誰なのか。
ミステリー界の奇才による、書き下ろしコンゲーム小説!

内容(「BOOK」データベースより)
蟹江静子は、老人ホームに入るために貯めた一千万円を、遠藤を首領とする詐欺グループに騙し取られてしまった。それを知った八原みちるは、静子に金を取り返そうと提案する。みちるは、以前悪人をターゲットにして金を奪っていた詐欺師だった。昔の仲間を集めて動き出したみちるが、遠藤に持ちかけるのは投資事業。バイオ発電に金を出させて、遠藤の分も奪おうと言うのだ。そこに、みちるを昔から追う警視庁の染田刑事が身辺を嗅ぎ回ってきた。さらに、謎の女性“河原崎聖子”が登場!一体勝つのは誰なのか。ミステリー界の奇才による、書き下ろしコンゲーム小説!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
鯨 統一郎
1998年、『邪馬台国はどこですか?』でデビュー、作品多数。2015年、『冷たい太陽』が第十五回本格ミステリ大賞候補に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


猿蟹 saru・kani (小学館文庫) -
猿蟹 saru・kani (小学館文庫) -
posted by mayaishii at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ■Cover-page illustration | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック