Information

展覧会・その他活動情報
次回の個展は2017年9月8日〜22日(Gallery Suchi)開催予定です。
石居麻耶個展(仮)
​Gallery Suchi( 株式会社 ギャラリー須知 )
火ー土曜日 11:00ー19:00 (休廊=日•月•祝日)
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-17-13 第二井上ビル2F
2F, Dai-Ni Inoue Bldg, 2-17-13 Nihonbashi-kayabacho,
Chuo-ku Tokyo, 103-0025 Japan
tel / fax 03-6661-6393
http://www.gallerysuchi.com
e-mail: info@gallerysuchi.com

進捗状況
現在、10月刊行予定の文庫本表紙装画を1点担当・制作中です。
鯨統一郎さんの『猿蟹 saru・kani』の表紙装画を担当致しました。
STORY BOX (小学館)連載小説、黒野伸一さんの
『国会議員基礎テスト』の扉絵、最終回を迎えました。

イラスト・本の表紙装画等の制作は個展作品と並行して制作しております。
恐縮ですが、早め(2か月くらい前)にご連絡頂けますと助かります。
ご依頼に誠実に答えて制作出来るようにと思っておりますが、
個展等展覧会のスケジュールによっては、
対応が難しいときもあることをご了承下さい。
作品の雰囲気はMAYA ISHII's websiteでご確認頂ければ幸いです。
過去の仕事の作品も掲載しておりますので、よろしくお願い致します。
既存の作品の使用につきましても、
まずはメールにてご連絡よろしくお願い致します。

2011年04月28日

万城目 学 『偉大なる、しゅららぼん』


「小説すばる」2010年5月号から始まり、
2011年4月号にて最終回を迎えた
万城目学さんの連載『偉大なる、しゅららぼん』がついに単行本になり、
『偉大なる、しゅららぼん』(集英社)が刊行されました。

連載中の扉絵や挿画も、各章ごとの扉に使って頂きました。
表紙装画と目次の挿画は新たに描いたものです。
今回の舞台は滋賀県、琵琶湖。
琵琶湖に湛える水の豊かさと空の爽やかさ。
季節ごとに咲く花々や、水辺の葦。
作中でもところどころに登場して、
登場人物たちの心境や背景を美しく彩っています。

万城目さんの作品はいつも予想のつかない展開ですが、
今回はさらに万城目ワールド全開という気がします。
読み進めるうちにすっかり、
登場人物たちそれぞれ誰もに親しみが沸いてしまいました。
本を読んでワクワクする気持ちを
久しぶりに思い出しています。

表紙の空には、少し特別な意味を込めています。
読了後に気付いて頂ければ、幸いです。


偉大なる、しゅららぼん [単行本(ソフトカバー)] / 万城目 学 (著); 集英社 (刊)
posted by mayaishii at 00:35| Comment(2) | TrackBack(1) | ■Cover-page illustration | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「しゅららぼん」読ませていただき、「万城目ワールド」を堪能しました。Mayaさんの挿画がもっとふんだんにあると一層よかったのですが。。。
Posted by あびょん・いとう at 2011年05月08日 22:39
>あびょん・いとうさん

 どうもありがとうございます。

 挿画は「小説すばる」連載時に描いたものから
 各章ごとに一点ずつなので、
 少ないといえば少ないかもしれませんが、
 小説として一冊の本になった場合はやはり、
 万城目さんの文章の力が活かされることが
 最良と思っています。

 でも、ふんだんにあるとよかった、と
 コメント頂けたことはとても嬉しいです。
Posted by Maya at 2011年05月11日 16:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『偉大なる、しゅららぼん』万城目 学
Excerpt: カバーを取って撮ってみました。いままでの『鴨川ホルモー』とか『鹿男あをによし』、『プリンセストヨトミ』の流れを汲む、その土地に生きるものに流れる選ばれし系譜の血と不思議な能力が、現代で炸裂する、あり得..
Weblog: 物欲の日々
Tracked: 2011-05-05 17:35