Information

展覧会・その他活動情報
2017年9月8日(金)〜22日(金)Gallery Suchiでの個展は無事終了致しました。
石居麻耶展 −翼を持つものたち−
​Gallery Suchi(株式会社 ギャラリー須知
火ー土曜日 11:00ー19:00 (休廊=日•月•祝日)
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-17-13 第二井上ビル2F
2F, Dai-Ni Inoue Bldg, 2-17-13 Nihonbashi-kayabacho,
Chuo-ku Tokyo, 103-0025 Japan
tel / fax 03-6661-6393
http://www.gallerysuchi.com
e-mail: info@gallerysuchi.com

進捗状況
次回個展に向けての作品制作の計画準備中です。
(2019年以降の予定)

10月刊行予定の文庫本表紙装画を1点、単行本表紙装画1点担当・制作致しました。

イラスト・本の表紙装画等の制作は個展作品と並行して制作しております。
恐縮ですが、早め(2か月くらい前)にご連絡頂けますと助かります。
ご依頼に誠実に答えて制作出来るようにと思っておりますが、
個展等展覧会のスケジュールによっては、
対応が難しいときもあることをご了承下さい。
作品の雰囲気はMAYA ISHII's websiteでご確認頂ければ幸いです。
過去の仕事の作品も掲載しておりますので、よろしくお願い致します。
既存の作品の使用につきましても、
まずはメールにてご連絡よろしくお願い致します。

2016年07月27日

土橋章宏 『チャップリンを撃て!』 第1回・第2回 オール讀物 7月号・8月号(文藝春秋)


オール讀物 7月号(文藝春秋)からスタートした連載小説、
土橋章宏さんの『チャップリンを撃て!』の扉絵と挿絵を担当しております。
今回は、チャップリンの時代の雰囲気から、モノクロのイメージが浮かんだので、
原画もモノクロで描いています。


”昭和初期、陸軍の士官候補生に来日する喜劇王暗殺の命が下る”


お知らせが遅くなってしまいましたので、
現在は8月号が出ていて、第2回が掲載されています。


チャップリンのあまり知られていない話がいろいろと出てきて、興味深く、
回を追うごとに、新たな扉が開かれてゆく感じがします。
扉絵と挿絵も、その小説の魅力を反映させているものに出来ればと思っております。
頑張って描いてゆきたいと思います。
posted by mayaishii at 22:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ■Illustration | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

「第7回 うちわと風鈴展」(ギャラリー ア ビアント)


7月4日から東京・浅草のギャラリー ア ビアントで、
「第7回 うちわと風鈴展」というグループ展が始まりました。
私は初参加です。
今回、うちわ3点、風鈴1点を制作し出品・展示させて頂いています。


うちわの絵は、表と裏でストーリーがつながるよう、
それでいて違った楽しみも出来るよう変化も持たせた絵にしました。
花火とスカイツリーの夜景の反対側の面には
スカイツリー内部にある「夏」をテーマにしたという
光る壁面の模様をモチーフに描き、
江戸切子の模様を描いた反対側の面には
昼間のスカイツリーと周辺の遠景を描きました。


千葉の鵜原の海辺の風景には、

同じく鵜原理想郷の浜辺に打ち寄せる波の絵を合わせています。


風鈴は、海をイメージした模様を描きました。
あまり絵の具を厚くすると
風鈴の特徴である涼しげな透き通る音が響かなくなってしまうので、
今回はそのことを重視したものにしてみました。


7月13日までの開催です。


日の入り後は、夏祭りのような雰囲気に。

「第7回 うちわと風鈴展」
会期:2016.7.4(月)〜7.13(水)会期中無休
開廊時間:11:00〜19:00(日曜日/最終日は17:00まで)
会場:ギャラリー ア ビアント
〒130-0011 東京都墨田区吾妻橋1-23-30 リバーピア吾妻橋1F
(アサヒビール本社ビルとなりの広場沿い)
TEL:03-3621-0278

東京メトロ銀座線「浅草駅」・都営浅草線「浅草駅」より徒歩3分
東武伊勢崎線「浅草駅」より徒歩4分
都営浅草線 本所吾妻橋駅A3・A1出口より徒歩5分
JR総武線錦糸町駅北口下車 日暮里駅行きバスにてリバーピア吾妻橋(区役所前)下車
posted by mayaishii at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ■Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする